帯状疱疹ワクチン

50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます。

日本人成人の90%以上は、帯状疱疹の原因となるウイルスが体内に潜んでいて80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。疲労やストレスなども発祥のきっかけになります。また、糖尿病やがんなどの免疫力が低下する病気が原因になることもあります。

帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルスで起こる皮膚の病気です。
体の左右どちらかの神経に沿って、痛みを伴う赤い斑点と水ぶくれが多数集まって帯状に生じます。
症状の多くは上半身に現れ、顔面、特に目の周りにも現れることがあります。

通常、皮膚症状に先行して痛みが生じます。その後皮膚症状が現れると、ピリピリと刺すような痛みとなり、夜も眠れないほど激しい場合があります。
多くの場合、皮膚症状が治ると痛みも消えますが、神経の損傷によってその後も痛みが続くことがあり、これは「帯状疱疹後神経痛(PHN)ピーエイチエヌ」と呼ばれ、最も頻度の高い合併症です。
また、帯状疱疹が現れる部位によって、角膜炎、顔面神経麻痺、難聴などの合併症を引き起こすことがあります。

(国立感染症研究所・病原生物検出情報(IASR)より引用)

当医院で帯状疱疹の予防接種をお考えの方

  • 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛の予防するためのワクチンです。
  • 50歳以上の方が対象です。
  • 名古屋市に住民票がある方は、名古屋市からの助成を受ける事ができます。(住民票が名古屋市以外の方、住民票が名古屋市にあっても以前に費用助成を受けた事がある方は、助成は受けられません)
  • 予防接種の種類は2種類あります。(相談時に説明し、決定させて頂きます。)

種 類シングリックス
(不活化ワクチン)
ビケン
(水痘ワクチン・生ワクチン)
接種
回数
2回(2回目:1回目より2ヶ月後)1回
費 用助成あり 10800円/回
助成なし 22000円/回
助成あり 4200円
助成なし 8800円
予防
効果
90%以上(約10年)50-60%(約5年)

当院での接種のシステム

月曜日午前、金曜日午前に、①説明、②接種を行っています。(説明当日の接種は行っていませんので、予めご了承下さい)

  • 説明・予防接種の決定・接種の予約を行います。持病のある方や他院で投薬を受けている方は、病名の把握やお薬情報を全て持参して、お越し下さい。(予防接種に関しての相談だけの際は、自己負担費用は頂きません。)
  • 接種を行います。

※下記の方は、当院での接種をお断りする事があります。
(食べ物・薬・注射で、アレルギーが出た事がある方、ご気分が悪くなった事がある方。)

ご興味のある方は、まずは受付にてご相談下さい。